韓国がインターネット先進国になった本当の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国は「インターネット先進国」と呼ばれる。世界で認められることに最大の価値を見いだす韓国にとって、インターネットは自尊心を最もくすぐってくれる最高の手段となっている。その韓国で、インターネットはどのように普及したのか。その経緯を振り返ってみよう。

ubXjSEA15uf5QEY1465270255_1465270370

「86年」と「4年」の違い

そもそも韓国は朝鮮戦争で国土が荒廃したあと、自由や民主政治を犠牲にしてひたすら貧しさからの脱却に邁進した。ようやく「漢江の奇跡」と呼ばれる経済発展を成し遂げ、1990年代半ばにはOECD(経済協力開発機構)の加盟国にもなった。それでもまだ韓国は世界から先進国の仲間入りを果たしたと見られなかった。

それなのに、ことインターネットに関しては世界が韓国を見る目がまるで違った。恐るべき勢いで国内にブロードバンド(高速大容量)が普及したからだ。

2002年10月には、ブロードバンドの加入者が1000万人を突破した。これは、割合でいうと10世帯中の7世帯以上が加入したことを意味し、その加入率は70%を超えた。

韓国でブロードバンドのサービスが始まったのは1998年である。わずか4年で加入者が1000万人を超えた。凄まじい普及ぶりだ。

ちなみに、朝鮮半島で有線電話のサービスが始まったのが1902年のことで、その回線が1000万を越えたのは1988年である。その間86年間もかかっている。それを考えると、ブロードバンドの普及ぶりは文字通り「超高速」となった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

ページ上部へ戻る