日韓のテレビ局はこんなにも違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国は「ドラマ大国」と呼ばれる。その根拠は、放送されるドラマの本数だ。日本と比べても、はるかに数が多いドラマが日常的にテレビで放送されている。その中でも、特に視聴者が多い地上波の3大テレビ局が、KBS、MBC、SBSである。

半官半民のMBC

半官半民のMBC

経営スタイルが違う

もしも、NHKの地上波2チャンネルの中の1つで民間放送のようにCMを流しているとしたら……。

もしも、政府が出資して民間で運営する半官半民の放送局が日本にあったら……。

もしも、NHKの受信料を電気料金の徴収と一緒に取られるとしたら……。

ものすごく違和感があるだろう。




その「もしも」が実際に行なわれているのが韓国である。

その韓国では、放送局の経営スタイルがそれぞれ違う。

KBSは公共放送、MBCは政府が出資して民間で運営する半官半民、SBSは民間放送となっている。

この3つの放送局はどんな経緯で設立されたのか。そのあたりから韓国の放送局の成り立ちがよくわかる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る