韓国女性の生き方〔第3回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回 韓国で女性が結婚することの意味

ZX0NwJoYrtaSQ8S1463472775_1463472813

未婚でいることの大変さ

私は数え年38歳で結婚しました。田舎育ちにしてはとても遅いゴールインでした。小学校の女子同級生の中(30名あまり)では、最後に結婚した老処女(オールドミス)でしたから。

早い人なら高校を卒業してすぐに結婚しますし、遅くとも30代前半にはみんなミセスになっていました。

私は、ソウルで仕事をしていましたが、秋夕(チュソク/お盆)や旧正月に済州島(チェジュド)に帰ると、「結婚しなさい。早くいい人を見つけて!」としつこく言われました。

親はもちろんのこと、親戚や近所のおばさん、おじさんまで押し付けてくるのです。周りの人にどれだけ不憫に思われたことか。どれだけ親の嘆きに悩まされたことか。喧嘩になることさえ多かったです。

母親はこう言いました。

「肩身が狭くて町中を歩けないよ」

「今日結婚して明日離婚してもいいから一度だけ結婚してみて」

「親に言えない身体の故障でもあるのか?」

「結婚しないつもりでいるなら親子の縁を切ろう。これからは帰ってこなくていい」

田舎だけに三十路になっても男の気配のない娘を心配する親の気持ちもわからないわけではないですが、人の目を意識して適当な男としぶしぶ結婚することは到底できませんでした。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る