役立つ歴史知識!『テバク』序盤がよくわかるワンポイント解説10

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

5月15日から日本で放送が始まった『テバク』。このドラマの序盤は歴史の事実に基づいて物語が構成されている。その背景がわからないと、ドラマを理解できない部分もたくさん出てくる。そこで、『テバク』の序盤をもっと楽しむために、ワンポイントで歴史を解説していこう。

02テバク

(写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより)

物語は1690年前後から始まる

〔ポイント1〕時代はいつ?

『テバク』の物語は、朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)の統治時代から始まっている。第1話で淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が粛宗に見初められるが、歴史的にそれは1690年前後と想定される。さらに、『テバク』の全話が描く時代は、1690年前後から1728年までである。40年近くにわたる壮大なストーリーなのである。

〔ポイント2〕淑嬪・崔氏は誰?

物語の序盤で重要な役割を演じる淑嬪・崔氏。彼女は、ドラマ『トンイ』の主人公になった女性である。そして、21代王・英祖(ヨンジョ)の実母である。王宮で水汲みや洗濯などの下働きをする女性(ムスリと呼ぶ)として宮中に入ったと言われているが、歴史的にその事実は確認されていない。生まれたのは1670年とされているのだが、何かと謎が多い女性である。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る