朝鮮王朝おもしろ人物列伝(淑嬪・崔氏編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

晩年を寂しく過ごした

章扉用01

仁顕王后が1701年に亡くなっているので、新たに王妃を決める必要があったのだが、その時点で一番可能性が高かったのは淑嬪・崔氏だった。張禧嬪は粛宗によって側室に降格させられているし、後に罪人として処罰を受けることになるため、再び王妃となるのは不可能だからだ。

しかし、淑嬪・崔氏はあまりにも身分が低すぎたため、亡くなるまでずっと側室のままだった。

粛宗がそのような態度を取った理由だが、やはり彼が一番愛していたのは張禧嬪なのではないか。そうすれば、罪人として亡くなった彼女の葬儀を立派に行なったり、張禧嬪の息子を世子から外さなかったことも理にかなっている。




最初に粛宗は張禧嬪の美貌に惹かれて王妃としたが、あまりに強い欲望を持っていたことで関心を失い、結果的に寵愛しなくなったのは確かである。しかし、完全に心が離れたわけではなかったのかもしれない。

粛宗との間に息子まで産んでいたとはいえ、王妃になれず晩年を寂しく過ごした淑嬪・崔氏は、1718年3月9日に亡くなった。

淑嬪・崔氏は、張禧嬪があまりに強烈な印象を残しているため影が薄いように感じるが、ドラマ『トンイ』によって現在の韓国ではとても有名になった。

文=康 大地(コウ ダイチ)

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る