「取材レポ」感動!パク・シフの最新ライブを実況レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

38208 俳優パク・シフが2016年5月7日(土)、東京・国際フォーラムのホールAにて初のコンサート公演「PARK SIHOO LIVE 2016」を開催した。

ボーカリストに挑戦

韓国ドラマ「清潭洞〈チョンダムドン〉アリス」「王女の男」「逆転の女王」「検事プリンセス」などでアジア各地のファンを魅了しているパク・シフ。2016年も話題作の日本公開が控えており、5月23日(月)より3年ぶりにドラマ主演を務めた「町のヒーロー(原題)」がMnetにて放送される。また、パク・シフとユン・ウネの2大スターが共演する「きみの声を探して アフター・ラブ」が5月14日(土)よりシネマート新宿などで日本公開される。

今回の公演のために、ドラマ撮影後休みなしで一生懸命練習したというダンスの練習風景が映像で流れた後、パク・シフがステージ上に登場すると、会場からは黄色い歓声が沸き起こった。1曲目の「Season in the sun」(TUBE)から会場は総立ちで、パク・シフのダンスに合わせて一緒に踊り、ペンライトを振るなど大盛り上がり。

MCのYumiから「ファンのみなさんとお会いして、今どんな気持ちですか?」と聞かれると、「日本でステージに立つのは本当に久しぶりのことなので、昨日の夜はファンのみなさんに会えると思い、ドキドキしてなかなか眠れませんでした。今日は本当に楽しい時間を過ごして、楽しい思い出を持ってお家に帰っていただければと思います」とにこやかにあいさつ。会場からは盛大な拍手が送られた。

今回の公演では、ボーカリストに挑戦する、パク・シフの魅力を届けるべく、昨年1月に発売し、オリコンデイリーCDシングルランキング3位を獲得した、日本デビューシングル「君を」を始め、本邦初公開の新曲「そんなプライドのために」「LOVER」などアンコールを含め計12曲を熱唱。「WILL YOU MARRY ME」(イ・スンギ)では、「会場にいらっしゃるみなさんが僕の彼女だという気持ちで歌いました」と微笑むとファンからは感嘆の声が起こった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る