超新星ソンモがもしも社会服務要員ならば

このエントリーをはてなブックマークに追加

補充役がよく社会服務要員になる

具体的に社会服務要員はどんな分野で活動するのか。

主なものを列挙してみる。

◆開発途上国に行って国際協力奉仕活動を行なう

◆芸術・体育の分野で特技を発揮する

◆医師が公衆保健業務や国際協力医療事業に派遣される

◆特殊な専門機関で研究を行なう

◆産業の育成・支援のために指定された企業・研究機関で働く

◆国家機関・地方自治・公共団体で公益目的の勤務をする




わかりやすく言えば、開発途上国に行って農業や工業の指導をしたり、芸術・体育の組織で実力や才能を発揮したり、医師として徴兵検査の専門診断を担ったり、重要な研究機関で実験に明け暮れたり、大企業で特殊技能を生かす仕事をしたり、国家公務員や地方公務員として働いたり、ということだ。

なお、社会服務要員になる人は、徴兵検査で4級と判定された人が圧倒的に多い。徴兵検査の場合、1級から3級までが現役兵対象で、4級は持病などを理由にして補充役になる。そして、補充役の人が社会服務要員になるという例が非常に多いのである。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る