名優が火をつけたチャン・グンソクの俳優魂

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『テバク』の第9話を見ていて驚いた。領議政(ヨンイジョン/朝鮮王朝時代の総理大臣)の金昌集(キム・チャンジプ)の役で、新たにイ・ジェヨンがドラマに加わってきたからだ。脇役ばかりだが、このイ・ジェヨンはストーリーに緊張感をもたらす恐るべき名優である。

心地よい緊張感

写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより

写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより

イ・ジェヨンが画面に登場するだけで、「何か大きな動きが起こるはず」とワクワクする。事実、国王の後継者争いに重要な役割を果たす金昌集が出てきてから、『テバク』はますます面白くなってきた。

それにしても、『テバク』はベテランの男優陣の充実度が凄い。

圧倒的な存在感を見せているのがチェ・ミンスだ。彼は19代王・粛宗(スクチョン)に扮しているが、声の抑揚といい表情の奥深さといい、『テバク』をピリリと引き締める役割を十分に果たしている。




公式サイトの視聴者掲示板にはチェ・ミンスを称賛する意見があふれているが、それも当然のことだろう。

これほどの俳優を重要な粛宗の役に起用できたことが、『テバク』にとって本当に幸運だった。

そして、物語全体を支配している李麟佐(イ・インジャ)に扮しているのがチョン・グァンリョルである。

人間のペーソスを演じさせたら当代随一の俳優だが、今回は物語を自在に操る謎の怪人物になりきって、絶妙の間合いを持った演技を見せている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る