【連載】ヒボン式かんたんハングル8

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハングルの読み方の基礎を終えて、ようやく「ヒボン式かんたんハングル」の説明に入ります。さて、韓国ドラマを見ていると、「アレッ、出演者が急に日本語を話したかな」と思える場面がよくあります。結局は、日本語に似た発音をしただけだったのですが、「ヒボン式」はその点に注目した学習方法です。

 

「ひらがな1つの法則」とは何か

 

まず取り上げたいのは、「ひらがな1つの法則」です。これは何かというと、「ひらがな1つで発音する漢字は、ハングルの読みもほとんど日本語と同じ」ということです。

実例をあげますと次の通りになります。

 

基 区 可 固 魔

 

これは、日本語では「き、く、か、こ、ま」と読みます。

果たして、ハングルではどう読むでしょうか。

実は、ハングルでも「キ、ク、カ、コ、マ」と読みます。

痛快なくらいにまったく同じです。

どうして、こういうことになっているのでしょうか。




推測しますと、漢字が中国から朝鮮半島を経由して日本に伝わってくる過程で、ひらがな1つで発音するような音が短い場合は、伝わってくる間にあまり変化しなかったと考えられます。

つまり、音が短いことが幸いして、今でも日本語とハングルで共通の発音になっているということです。

この法則を他の漢字でも確認してみましょう。

 

地 異 市 宇 亜

 

日本語の読みでは「ち、い、し、う、あ」ですが、ハングルでも同じように「チ、イ、シ、ウ、ア」と読みます。

この法則は、今後のハングル学習でも本当に重宝できます。なにしろ、ひらがな1つで読む漢字はかなりあります。それがハングルにも通用するとなると、読めるハングルが一気に多くなるのです。

(次ページへ)

【連載】ヒボン式かんたんハングル9

【連載】ヒボン式かんたんハングル10

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る