朋道佳のイチオシ1『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイブルのようなドラマ

(写真=韓国公式サイトより)

(写真=韓国公式サイトより)

先日、世界で一番貧しい大統領と呼ばれるホセ・ムヒカ氏が来日して、その発言に多くの関心が寄せられていましたね。

「貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく、いくらあっても満足しない人のことだ」

そして、「“幸せ”とはなにか」

ホセ・ムヒカ氏の言葉から多くの気付きがあったように思います。

連日これらのニュースを見ながら、イム・ジュファン主演『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』を見た時の感動を思い出しました。

この作品は主に兄弟愛、家族愛をテーマにしたドラマで、2013年5月から11月まで韓国で放送された作品です。

133話の長編ですが、私にとってこのドラマは、人として大切なことをたくさん学んだバイブルのようなドラマになっています。

主人公のコン・ジュンス(イム・ジュファン)はある事情から両親を亡くし、わずか13歳の時から3人の弟妹を育てることになります。

ある時、弟のヒョンソク(チェ・テジュン)が誤って友人を殺してしまいますが、ジュンスは自分が罪を被り10年間の服役を経て家族のもとに戻ろうとします。

もともと血のつながりのないジュンスを疎ましく思っていた弟妹が前科者の兄を受け入れるはずがありません。そして、世間の風も彼に冷たく当たるのでした。

それでも、ジュンスは無償の愛で大切な家族たち愛し続けます。

自分への見返りなど微塵も考えずに、ただただ愛し続け見守ります。

「家族はどんな時でも、手を離してはだめなのよ」

亡くなった最愛の母がジュンスに残した言葉でした。

この言葉を胸に生きてきたジュンスをやがて弟妹たちも受け入れるようになり、愛する女性ドヒ(カン・ソラ)とも巡り会います。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る