【連載】ヒボン式かんたんハングル6

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

今回は前回に引き続き、「ヒボン式」に入る前に簡単なハングルの読み方を覚えましょう。基礎がわかることで、「ヒボン式」の効果も倍増していきます。

 

母音が2つ重なった二重母音

前回、10個の母音を紹介しましたが、ハングルでは母音同士がくっついて二重母音を作ります。その数は11個あります。

二重母音の作り方は、次の通りです。

 

이 + 아 → 애 (エ)
이 + 애 → 얘 (イェ)
이 + 어 → 에 (エ)
이 + 에 → 예 (イェ)
오 + 아 → 와 (ワ)
오 + 애 → 왜 (ウェ)
오 + 이 → 외 (ウェ)
우 + 어 → 워 (ウォ)
우 + 에 → 웨 (ウェ)
우 + 이 → 위 (ウィ)
으 + 이 → 의 (ウイ)

※最後の「의」は、「ウ」と「イ」を立て続けに発音するような感じで声を出します。




 

二重母音を使った単語の例

애매(曖昧)          세계(世界)
エメ             セゲ

외교(外交)         귀로(帰路)
ウェギョ           クィロ

 

(次ページへ)

【連載】ヒボン式かんたんハングル7

【連載】ヒボン式かんたんハングル8

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る