【連載】ヒボン式かんたんハングル5

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハングルの使い方を覚えても、基礎的な読み方がわからないと意味がありません。「ヒボン式」に入る前にハングルの読み方を数回に分けて勉強しましょう。まずは、ハングルの基礎となる母音と子音を取り上げます。

 

10個の基本母音を覚えよう

 

まずは、ハングルの10個の基本母音を覚えます。どの言語でも、母音をしっかり覚えることが大切であり、それが言語学習のスタートになります。

 

ㅏ ㅑ ㅓ ㅕ ㅗ ㅛ ㅜ ㅠ ㅡ ㅣ

 

この1つ1つがハングルの母音です。わかりやすく言えば、長短のある線がどんな組み合わせでどんな位置にあるかによってハングルの母音は表されます。とてもビジュアルであり、理にもかなっています。とにかく、何度か手で書いて形で覚えてしまいましょう。

ところで、母音を文字にするときは、無音の子音「ㅇ」を付けて表記します。実際に「ㅇ」を付けると、以下のような文字になります。カタカタで記したのはその発音です。




 

아 야 어 여 오 요 우 유 으 이

ア ヤ オ ヨ オ ヨ ウ ユ ウ イ

 

先に挙げた母音の中には日本語でオ、ヨ、ウと発音するものが2つずつあります。韓国人が発音すると少し違いが出てきますが、ここではカタカナの通りに読めばいいと思います。

なぜかというと、韓国人が発音する「オ、ヨ、ウ」の違いが、日本語では表記できないからです。外国語を日本語で表記しようとしますと、常に限界があります。現地の人とまったく同じ正確な発音をしたいという場合には、それにふさわしい学習方法があると思いますが、本書は目的がちょっと違います。あくまでも、日本語の知識を生かしてハングルに親しむことをめざしています。よって、ここでは一旦、基本の母音は表示したカタカナの通りに覚えていけばいいと考えています。

(ページ2に続く)

【連載】ヒボン式かんたんハングル6

【連載】ヒボン式かんたんハングル7

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る