【連載】ヒボン式かんたんハングル3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

前回までで、「日本語の知識を活用してハングルを覚える」という「ヒボン式かんたんハングル」の基本的な考え方をお伝えしてきました。今回はハングルを読むうえでの特徴に触れて行きます。

 

ハングルではどんなときに濁音になりやすいか

 

ハングルには、言葉の最初の音が清音になるという大原則があります。つまり、濁音にならないのです。

「カルビ」「チヂミ」「チョゴリ」などの言葉を見ても、最初の音は絶対に濁音になっていません。これがハングルの常識です。

日本語には言葉の語頭(最初の音)が濁音になることがありますが、ハングルは決して濁音になりません。その影響で、韓国人は日本語を話すとき、言葉の最初の濁音をうまく発音できない場合があります。

たとえば、「だから」と言おうとしても、「たから」になってしまいます。これは、語頭が濁音にならないハングルの癖が出てしまうからです。




一方、語中(語頭以外の音)では、清音が濁音になることもあります。

仮に2つ以上の音が組んで1つの単語を形成するとしたら、最初の音は絶対に濁音になりませんが、それ以外の音は濁音になりやすいということです。

一例をあげると、「ハングル」がそうです。

この「グル」は元々は「글(クル)」という言葉で「文字」という意味です。それが、「偉大な」という意味の「한(ハン)」と組んで語頭でなくなったので、「クル」が「グル」と濁音化したのです。

こうした濁音化は、発音しやすいように変化したものです。実際に試してください。「ハンクル」より「ハングル」のほうが発音しやすいはずです。

(ページ2に続く)

【連載】ヒボン式かんたんハングル4

【連載】ヒボン式かんたんハングル5

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る