【連載】ヒボン式かんたんハングル2

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハングルとは何か?

「ハングルを作った王」として知られる世宗の像

「ハングルを作った王」として知られる世宗の像

 

ハングルというのは日本語のひらがなに相当しますが、昔の朝鮮半島にはありませんでした。元々、朝鮮半島には正式な文字は漢字だけだったのです。

日本は平安時代に漢字からひらがなとカタカナを作って漢字と一緒に併用していましたが、朝鮮半島では正式には文字が漢字しかなかったので、難しくて読めない人も多かったのです。特に、ほとんどの庶民は漢字を使うことができませんでした。

そこで、15世紀に朝鮮王朝の4代王・世宗(セジョン)が学者と一緒になって作ったのがハングルです。まだ誕生してから六百年も経っていません。世界の言語学からすれば、ハングルはまだ新しい文字の部類に入ります。




世宗は、朝鮮半島の人々が言葉を発音するときの口や喉の形を詳細に調べて、それを文字の形に生かしました。たとえば、ハングルの子音となっている「ㅇ」や「ㄴ」は、それを発音するときの口の形を表しているのです。そのように理論的に作っていますので、ハングルはとても機能的な文字になっています。

日本人から見たら複雑な記号に思えるかもしれませんが、むしろ、記号のように見えるからこそいいのです。それは、表記が一定の理論のもとで統一されていることを意味しており、基本的な仕組みさえ覚えれば次々に応用できます。

次回に続く

(文=康熙奉)

【連載】ヒボン式かんたんハングル3

【連載】ヒボン式かんたんハングル4

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る