【連載】ヒボン式かんたんハングル2

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本語とハングルは多くの漢字の読み方が似ていると前回ご紹介しましたが、それがハングルを学ぶ上でどう有利に運ぶのか。検証してみましょう。わかりやすい例となるのが「神」です。

日本語なら、音読みでは「しん」で、訓読みで「かみ」。それ以外にも、「神田」のように「かん」とも読みますし、「神戸」のように「こう」とも読みます。つまり、「神」という漢字1つに「しん」「かみ」「かん」「こう」という4つの読み方があります。

それでは、ハングルはどうでしょうか。

ハングルでは「神」は「신(シン)」と読みます。これしか読み方がありません。つまり、日本語なら読み方が4つある漢字も、ハングルなら1つなのです。それも、日本的にいえば「音読み」に該当します。

 

ハングルでは読み方は1つ!

「神」という漢字が象徴しているように、日本で読み方が多い漢字もハングルではたった1つの読み方になるのが原則です。

次に、「間」という漢字を見てみましょう。日本語なら「あいだ」「ま」「かん」「けん」といった読み方があります。しかし、ハングルでは「간(カン)」と読むだけです。つまり、日本語でいえば、音読み1つだけなのです。




 

神  日本語では「かみ」「しん」「かん」「こう」
ハングルでは「신(シン)」のみ
間  日本語では「あいだ」「ま」「かん」「けん」
ハングルでは「간(カン)」のみ

このように、韓国人が日本語を学ぼうとすると、漢字の読み方がたくさんあるので、それに困惑してしまいます。しかし、ハングルでは漢字の読み方は原則的には1つです。韓国人が日本語を学ぶより、日本人がハングルを学ぶほうが、はるかに有利だというのは、こういうところに理由があります。(ページ2に続く)

【連載】ヒボン式かんたんハングル3

【連載】ヒボン式かんたんハングル4

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る