【連載】ヒボン式かんたんハングル2

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本語とハングルは多くの漢字の読み方が似ていると前回ご紹介しましたが、それがハングルを学ぶ上でどう有利に運ぶのか。検証してみましょう。わかりやすい例となるのが「神」です。

日本語なら、音読みでは「しん」で、訓読みで「かみ」。それ以外にも、「神田」のように「かん」とも読みますし、「神戸」のように「こう」とも読みます。つまり、「神」という漢字1つに「しん」「かみ」「かん」「こう」という4つの読み方があります。

それでは、ハングルはどうでしょうか。

ハングルでは「神」は「신(シン)」と読みます。これしか読み方がありません。つまり、日本語なら読み方が4つある漢字も、ハングルなら1つなのです。それも、日本的にいえば「音読み」に該当します。

 

ハングルでは読み方は1つ!

「神」という漢字が象徴しているように、日本で読み方が多い漢字もハングルではたった1つの読み方になるのが原則です。

次に、「間」という漢字を見てみましょう。日本語なら「あいだ」「ま」「かん」「けん」といった読み方があります。しかし、ハングルでは「간(カン)」と読むだけです。つまり、日本語でいえば、音読み1つだけなのです。




 

神  日本語では「かみ」「しん」「かん」「こう」
ハングルでは「신(シン)」のみ
間  日本語では「あいだ」「ま」「かん」「けん」
ハングルでは「간(カン)」のみ

このように、韓国人が日本語を学ぼうとすると、漢字の読み方がたくさんあるので、それに困惑してしまいます。しかし、ハングルでは漢字の読み方は原則的には1つです。韓国人が日本語を学ぶより、日本人がハングルを学ぶほうが、はるかに有利だというのは、こういうところに理由があります。

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●平昌五輪
●雲が描いた月明り

●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る