颯爽『テバク』! テギルよ、もっと奔放に暴れろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコメで培った演技力

テバク01

人のイメージというのは、直前に見た映像に左右されることが多い。

たとえば、チャン・グンソク。

従来の彼の印象は、大ヒットしたラブコメの雰囲気が踏襲されていたが、直前の彼はそんなイメージはみじんもなかった。『テバク』の制作発表会では笑顔を封印して冷静な対応に終始していたし、『テバク』第1話の冒頭で登場したときは、「民衆のための国を作る」という意気込みで、反乱を起こそうとする者に厳しく対峙していた。

わずか2回の姿であったが、その残像が一番新しいものであっただけに、現在進行形のチャン・グンソクのイメージに大きな影響を与えていた。それだけに、『テバク』第3話(韓国で4月4日に放送)から本格的に画面に登場するにしても、冷徹な勝負師として出てくるのではないか、という予測をしがちだった。




しかし、『テバク』第3話に出てきたチャン・グンソクは全然違った。彼は底抜けなハツラツさで主人公のテギルを奔放に演じていた。

食べているときは口の中まで見せ、口もとには食べカスが付いている。しかし、そんなことにお構えなしで、言いたいことを言い、やりたいように振る舞って、年長者にこづかれていた。

20歳のテギルは、まだ怖いもの知らずなのである。こんな無鉄砲な若者をチャン・グンソクは自分の20歳の頃を思い出すように演じていた。こういう演技では、ラブコメで培った表情が生きてくる。

そうなのだ。自分の持ち味を殺すことはない。チャン・グンソクはテギルをもっともっと奔放に演じていい。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る