【連載】ヒボン式かんたんハングル1

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語の知識を活用してハングルを覚える!

日本語とハングルは共通点がとても多いです。象徴的なのは、多くの漢字の読み方が似ているということ。こうした共通点を生かせば生かすほど、ハングルはみるみる上達していきます。「ヒボン式かんたんハングル」とは、「日本語の知識を活用してハングルを覚える」ということです。

この連載では、康熙奉著作「ヒボン式かんたんハングル」からピックアップした驚きのハングル習得法をご紹介します。

 

では、実際に日本語とハングルの共通点を見てみましょう。

 

1.漢字1文字の比較

漢字を読んでみると、なんとまったく同じ!

 

最初に5個の漢字を例に出してみます。

 

無 未 都 古 詩

 

おなじみの漢字ばかりです。

それでは、順に読んでみましょう。

 

ム ミ ト コ シ

 

このような読み方になります。

でも、私は日本語で読んだわけではありません。




実は今、ハングルで読んだのです。それなのに、日本語で読んだのと同じ結果になりました。不思議ですね。

それは、何を物語っているでしょうか。

 

先に紹介した4個の漢字は、日本語もハングルも読み方がまったく一緒でした。

さらに、4つの漢字を出してみましょう。

 

句 加 気 機 魔

 

これをハングルで読むと次のようになります。

 

ク カ キ キ マ

 

こちらも、日本語とハングルの読み方が一緒です。「機」や「魔」のように、画数が多い文字も読み方がまったく同じなのです。

こういう例はいくらでもあります。(ページ2に続く)

【連載】ヒボン式かんたんハングル2

【連載】ヒボン式かんたんハングル3

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る