超新星ユナク 孤高のリーダーシップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

不在期間に存在の重さを実感

他のメンバーからの信頼もあつい

初めて超新星を取材したのは2009年10月だった。

その前月9日に『キミだけをずっと』で日本デビューを果たした彼らは、3週連続でシングルをリリースするという華々しいスタートを切った。

とにかく、6人のメンバーが「粒揃い!」という印象が強かった。全員が180センチ以上という長身で、ルックス、歌唱力、ダンスが申し分なかった。

「よくぞ、これだけのメンバーが集まったなあ」

率直にそう思った。

その中でも、ユナクのリーダーシップが目立っていた。当時から彼は「愛知大学を卒業」と言われていて、日本語が堪能だった。取材のときも彼が先頭に立って、他のメンバーをリードしていた。




「日本でも成功するに違いない」

そう思わせる資質を彼らは持っていた。K-POPのグループもすでに日本で過当競争にさらされていたが、超新星は他と違う魅力を備えていた。案の定、その後の彼らの快進撃は、誰もが知る通りである。

けれど、心配した時期もあった。それは、2011年10月にユナクが兵役に入ったときだ。リーダーが一時的にグループを離れて、少し不安を感じさせたのも事実である。

しかし、心配は杞憂に終わった。ユナクが中心になって築いた結束力は、たとえユナクがいなくても緩むことはなかった。

そういう意味では、ユナクが兵役に入った不在期間に、むしろユナクの存在感を重く受け止めた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る