チャンミンも所属している義務警察とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

芸能人も多く所属している

警備や治安対策も義務警察の重要な任務だ

韓国の兵役期間は陸軍であれば21カ月だが、軍隊に入隊しないでも兵役を全うする方法がある。その1つが義務警察に入ることだ。

この義務警察は、現役兵の軍務の代わりになる制度として定着し、現在も多くの芸能人が所属している。具体的には、東方神起のチャンミン、超新星のソンジェ、SUPERJUNIORのドンヘとシウォンなどが義務警察で勤務している。

義務警察の母体は1971年に作られた戦闘警察。北朝鮮のスパイ摘発やデモの鎮圧が主な任務だった。

その戦闘警察から派生して1982年に義務警察が誕生。常に人員不足に悩まされる地方警察を補助してきた。




なお、厳密に分類すると、義務警察には「一般の義務警察」「特技を持った義務警察」「独島(トクト/日本では竹島と呼ぶ)の警備隊」の3種類があり、常に応募者が多いので選抜試験は高い倍率になる。

中でも、「特技を持った義務警察」のジャンルは15種類あって、その中に芸能がある。つまり芸能で優れた資質を持った人は、それが特技と認められて義務警察に合格する可能性が高いのだ。そういう意味で、芸能人がどんどん義務警察に入っているというのは理にかなっている。

芸能人の中には、一般の歩兵として軍務を全うする人もいれば、自分の資質をうまく生かして軍楽隊や代替制度の義務警察になる人もいるということだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る