韓国の名所を訪ねて(景福宮編1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「朝鮮王朝の象徴だった第一の正宮」

正殿の勤政殿(クンジョンジョン)

正殿の勤政殿(クンジョンジョン)

 長く福を生む場所

1392年、高麗王朝を滅ぼし、朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ/太祖〔テジョ〕)は、高麗を懐かしむ民心を安定させるため、首都を開京(ケギョン)から移すことを決心した。

風水を信奉していた李成桂の望む土地は、首都の後方に山々がそびえ立ち、前方に川が流れる「背山臨水」だった。こうした場所は龍脈と言われ、風水的に精気が充実した土地といわれていた。この条件に最適な場所として白羽の矢が立ったのが、朝鮮半島の中心部に位置する漢陽(ハニャン)である。この漢陽が現在のソウルだ。

A

勤政殿の中にある玉座

遷都はすぐに終わったが、王宮を築く段階になると、側近たちの間で激しい論争が起こる。中でも李成桂が重用していた鄭道伝(チョン・ドジョン)と無学(ムハク)大師の対立は深刻だった。

儒教を信奉する鄭道伝は、“長く続く王朝を築くためには、南側に向かって政務をしなければならない”といい、仏教徒である無学大師は“南側に災いを招く山があるので、それを回避するためにも、東向きに王宮を建てるべきだ”と主張した。




この論争は、スタートを切った新しい王朝が、儒教と仏教、どちらの教えを国教にするかと同じ意味を持った。

最終的に李成桂は、鄭道伝の主張を受け入れた。つまり朝鮮王朝は、儒教を国教とすることに決めたのである。

1395年、正宮としての景福宮の建設が始まった。

景福宮という名を付けたのも鄭道伝である。「景福」は中国の古典「詩経」に由来する言葉で、「王とその子孫たちが長く福を受け入れることを望む」という意味になる。李成桂も、この名を受け入れ、朝鮮王朝初の正宮の号とした。

このように景福宮は、朝鮮王朝の第一正宮として長い間、重用された。

(文=「ロコレ」編集部)

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る